週末は読書感想の国

アクセスカウンタ

zoom RSS マーク・トウェイン「不思議な少年」

<<   作成日時 : 2006/08/27 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

マーク・トウェイン「不思議な少年」(中野好夫訳/岩波文庫)を読みました。
作者の死後、1916年発表。

1590年オーストリアのある村。季節は冬。
当時少年だった『わたし』は親友ふたりと森で遊んでいた時、不思議な少年に出会います。
彼は驚くほどの美貌と美声の持ち主で、話も巧み、そして無から有を生み出す能力を持っていました。
名はサタン。イブを誘惑したあの堕天使サタンの甥にあたり、その正体は天使だというのです。

サタンは一体何者なのか、という話ではありません。
この小説の中での彼は文字通り天使です。
一瞬のうちに『わたし』を中国まで連れて行ってくれたり、人の運命を変える力を持っています。
そのサタンとの関係の中で『わたし』は人間というものの本性を見せつけられる。
犬や馬のような動物と違って、良心(偽善の心)とか悪のような考えを持つ人間の愚かさと惨めさをサタンは主張します。

彼は天使であり、人間とは別のレベルにある存在。
そんな彼からすれば、人間など取るに足りない存在なのです。
例えば蟻のような。
わたしたちが歩いている時蟻を踏み殺しても何も感じないが、蟻塚を見たときは少しばかり興味を抱く……サタンにとって人間とは、その蟻のようなものなのです。

晩年不幸が続き厭世的になっていたと伝えられるトウェインの本音が寓話的に語られる作品です。
しかしサタンが非常に魅力的に描かれており、陰惨さは感じられません。

今日テレビでは毎年恒例の24時間テレビ「愛は地球を救う」を放送していました。
一年がかりで一生懸命お小遣いを募金に回した小学生などを見ると胸が一杯になりますが、サタンだったらどう答えるでしょうか?
わたしの考えではこうです。
「知っているかい?あの司会者のギャラは数千万円だってさ」。
「達成力のなさそうなタレントをあえて選んでマラソン?走って何か意味があるのかな。自動車を使えば良いじゃないか。実際放送されてないところでは使ってるんだし(笑)」。
そんなところでしょうか。
不思議な少年 (岩波文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
興味深い本ですね。早速店頭で手にとって見たいと思います。いつもためになる情報を提供していただいてるので、とても参考にしています。これからも更新、楽しみにしております。突然のコメント、失礼しました。
ホームページ制作「ホームページマジック」
URL
2006/09/15 10:00
はじめまして。
コメントありがとうございます。

トウェインの小説はこの一作しか読んだことがないのですが、この作品内容は暗いのに不思議な軽さがあるんです。

あえて喜劇として読むことも可能かもしれません。
読者A
2006/09/16 23:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マーク・トウェイン「不思議な少年」 週末は読書感想の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる