週末は読書感想の国

アクセスカウンタ

zoom RSS フィリップ・K・ディック「スキャナー・ダークリー」

<<   作成日時 : 2006/09/02 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィリップ・K・ディック「スキャナー・ダークリー」(浅倉久志訳/ハヤカワSF文庫)を読みました。1977年発表。

麻薬課のおとり捜査官フレッド。ロバート・アークターと名乗り、ジャンキー連中と生活しています。
彼らの行動はアークターの家に設置された監視カメラで逐一記録されています。
警察は彼らから麻薬のルートを突き止めようとしているのです。

麻薬組織はその情報網をあらゆる法執行機関に広げているため、フレッドを始めその関係者は署内でスクランブル・スーツを身に着けています。
スクランブル・スーツを着用すると、その容姿も声の特徴も均質化するため職員同士でも互いの正体を知ることはありません。それはフレッドの上司とて同じです。
ある日フレッドは上司にこう指示されます。
「しばらくは、おもにボブ・アークターを観察してくれ」。

フレッドはアークターとして危険な任務についているのだから多額の報酬がある。
しかし当局はアークターの金回りの良さに疑問を持っているのです。
管理社会の矛盾が可笑しい。

さらに皮肉なのは麻薬おとり捜査の矛盾。
それはおとり捜査を続けてゆくうちに本人が本物のジャンキーになってしまったり運び屋になってしまったりして、『あちら側』の人間になってしまうこと。
フレッドは運び屋になったりはしませんが、ドラッグ『スロー・デス』の常用により徐々に心身を蝕まれてゆきます。

二重の皮肉と、見方を変えれば間抜けともいえる奇妙な展開。
読者は同情すれば良いのか笑えば良いのか。
ディック自身ジャンキーまで身を持ち崩したこともあるし、麻薬で数多くの友人を失っています。
この作品は彼らに向けた鎮魂歌であって決して作者としては笑えるものではないのですが。

次のセンテンスにネタバレがあるので注意してください。
中盤まではドラッグの妄想によるジャンキーたちのくだらないバカ話が延々と続きます。
読んでると馬鹿馬鹿しくでだるくて嫌になってきますね。
後半に入ると、置かれている立場とドラッグの影響のため自分がフレッドだかアークターだかわからなくなってきた彼のモノローグが続く。
彼の思考が次第に破綻してゆく有様は、例えるならダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」のダーク版という感じでしょうか。

良くわからないのはこの作品'77年に本国で出版されたのだけれど、この30年の間に三回も翻訳がされていること。
この浅倉訳は'05年発表で最も新しい。
この作品おそらく会話がスラング満載なようで、正直言うと浅倉訳は今時の日本語として少し違和感がありました。'70年代の若者の喋り方のような感じ。
浅倉氏がかなり参考にしたという創元文庫の山形浩生訳と読み比べるのも面白いかもしれません。
ここで全文読めます。http://cruel.org/books/scanner/scanner.pdf
スキャナー・ダークリー (ハヤカワ文庫SF)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィリップ・K・ディック「スキャナー・ダークリー」 週末は読書感想の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる