週末は読書感想の国

アクセスカウンタ

zoom RSS スタンリイ・エリン「九時から五時までの男」

<<   作成日時 : 2006/09/24 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

スタンリイ・エリン「九時から五時までの男」(小笠原豊樹・他訳/ハヤカワ文庫)を読みました。短編の名手と言われたエリンの、意外にも初めての文庫本による短編集。
原書は1964年発表。

わたしだけかもしれませんが、スタンリイ・エリンという小説家はどうも良くわからないところがあります。
彼と並び称されるロアルド・ダールはダール節とでも言うべき、はっきりとしたユーモア感覚や皮肉な視点があり、それが個性とも魅力とも言えるのですが、エリンの場合、その作品世界に一貫性が感じられず、掴みづらい印象があるのです。
しかしこの間「特別料理」を再読し、分かったような気がしました。
この「九時から五時までの男」も、二年振りの再読です。

表題作「九時から五時までの男」。
判で押したような毎日を送る男。起床し、顔を洗い、歯を磨き、妻と世間話をしながら朝食をとり、電車に乗って事務所へ。そして五時には退社。帰宅した後妻といつもと変わらない夜を過ごす……。
実は彼はある犯罪を生業とする男なのです。

しかし、平凡なビジネスマンを装う男の『意外な』正体!という話ではなく、この変わった人物の日常を耽々と語っているだけの話なのです。
変でしょう?どうやらこういう小説家のようです。
収録されているのはこんな作品ばかりではないのですが、この作品は敢えて言うならエリンらしさというのを象徴していると思いました。

「蚤をたずねて」は、乞食の語る奇妙な話。
彼はかつて一世を風靡した蚤サーカスの芸人だったのですが、色々あってサーカスは解散、現在は落ちぶれている……。
最初読んだときは、その男の語る話自体が読みどころかと思ったのですが、再読して印象が変わりました。
つまりこの男の正体とは何だろう?ということ。

@かつての栄光として本当の話をしている、落ちぶれた芸人。
A頭のおかしい乞食。
Bホラ話を面白おかしく語って報酬を得ようとする乞食芸人。

Bが妥当だとは思うものの、@やAの解釈も可能です。はっきりした答えは出ません。
これもエリンの個性かと。

「九時から五時までの男」はその性格上、落ちのない話です。
作品名は挙げませんが落ちのないのが落ちという話も収録されています。
作品の構成自体が変ですよね。

個人的にグッと来たのは「運命の日」
新聞に載ったギャングの死体写真。それは少年時代の親友の成れの果てでした。
そして主人公はかけがえのないあの頃の日々……いや、あの運命的な日のことを思い出す。
この作品は凄い傑作だと思います。
……ていうか、「スタンド・バイ・ミー」の元ネタか?
九時から五時までの男 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
本番OKらしいです+.(・∀・).+☆ http://l7i7.com/
私だ
URL
2011/12/26 14:14
べっ、べつにアンタのためじゃないんだからね!(ノ゚Д゚)ノシ♪ http://jn.l7i7.com/
age
URL
2011/12/26 15:03
ぬいた(´-ω-)♪ http://64n.co/
ありません
URL
2011/12/26 15:03
リーバイス 606
517 リーバイス
リーバイス
リーバイス501xx
の通販価格
◆全物品運賃無料(日本全国)
◆不良品物情況、無償で交換します
◆信用第一、良い品質、低価格は 
◆私達の勝ち残りの切り札です。
◆期待,ご注文の方は!
◆税関の没収する商品は再度無料にして発送します。
◆100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
◆当店HP: http://www.levislip.com/
◆友達の店紹介:http://www.levislink.com/
◆友達の店紹介:http://www.levislion.com/
リーバイス501xx
URL
2012/11/29 16:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スタンリイ・エリン「九時から五時までの男」 週末は読書感想の国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる